大リーグ機構(MVP)と選手会(MLBPA)は投手の打者3人との対戦を義務とすることで合意した。2020年シーズンから適用される。米スポーツ局「ESPN」が報じている。

これまでにMLBは試合時間の短縮を求め、同ルールについては2月上旬に選手会と議論していることが報じられていた。投手交代は試合進行を遅らせるだけに試合時間短縮へ大きな効果を与えることとなるが、ワンポイントのリリーフ投手への影響は必至。各球団は戦術やチーム編成の見直しが迫られることとなりそうだ。

これまで捕手と走者の衝突を防ぐためのコリジョンルール、外野フェンス沿いの打球判断やクロスプレーの判定で映像を使ってリプレー検証するチャレンジ制度(日本ではリクエスト)、申告敬遠についてはMLB導入後にNPBも実施してきた。“ワンポイントリリーフ禁止”が日本球界へも影響を与えるのか注目される。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00318495-fullcount-base

野球ファンの反応

MLBで決まった事はいずれ日本も追随すると思う。
野球の面白さをなくしてまで時間短縮する意味があるのだろうか。
一人の打者に全力で投げるスペシャリストはある意味野球の面白さでもある。そういった駆け引きがなくなると思うと益々野球離れが進む気がする。日本では採用して欲しくない。
それをするのなら代打の代打も認めるべきではありません。三人は必ず対戦しないといけないなら、二人目以降は代打を出しやすくなりますし、投手が不利になるので逆に試合時間は長くなるのでは無いでしょうか?基本的に投手戦の方が試合時間は短くなります。実績の無い投手のお試し登板もしにくくなると思います。
・12回で引き分けになる日本とは若干事情が異なるだろうが、影響は間違いなく有るだろうね。

投手交代や代打等の駆け引きもプロ野球の面白さの要素なので、個人的にはあまり歓迎できないルール改定だ。

ツーアウトでワンポイントで抑えてチェンジになったら次の回も登板しないといけないのかな?
個人的にはリリーフ投手の役割も大きくなるし得点も増えてエキサイティングな試合になりそう
どちらにしてもベンチ采配が重要になるよね
まずMBLは延長のイニング制限を見直したらいいと思う。
そもそも他競技とは試合数もルールも違うのに、時間を比較しても意味がない。
時短のために1つの面白さを犠牲にする必要はないと思う。
高齢化した古いファンを切り捨て、新規の若いファンを獲得するたのルール改正?と思ってしまう。
登板する投手は、事前にブルペンで肩を作っているのだから、時間を節約したいならマウンドで投球練習するのを省けばいいだけでは?

あまり作戦を縛るとつまらなくなるマイナスの方が大きい気がする。

必ず3人投げなきゃいけないって
結構采配制限されるから大変ですね。
投げてみないとわからない若手をマウンドへ。
不調や制球難でランナーを2人溜めても代えられないのか…

回の途中に出てきて、
投手に打順が回らなくて代打を出せなかった場合が気になる。
せめてその場合では
3人投げなくても、別の投手が出て来るのは有りにして欲しいなあ。

ワンポイントリリーフも野球の醍醐味の1つと思うので、基本的には反対かな。

あと、それなら
「代打(左)」→「投手スイッチ(左)」→「代打の代打(右)」
なんてのも、禁止すべきじゃないか?とも思う。
(MLBでは日本よりもレアだと思うが、イチローも以前見舞われた記憶があるので、珍しい訳でもないハズ)

正直プロならアホらしいです。戦略的に面白さを欠く。
これがアマなら、特に球数制限になっていくであろう中高生以下の野球なら
理に適ってると言えばそうかもね。だがプロでは時短だけが野球じゃない。
ダラダラやるのとじっくりやるのは全く違うんでもっと組織が野球の
醍醐味を深く理解して頂きたいです。
日本に関しては当面採用の必要性は無いでしょ。日本は戦略的に長けた
野球で進化を続ければよい。国際大会で採用と有ればその時考えればよい。
日本は将棋野球で勝負です。そんな大雑把な野球に深入りする必要はない。
深煎りはお茶とコーヒーだけで十分です。
MLBが公式戦でタイブレークを正式に採用したら追従するのか??
日本の野球とMLBのベースボールは必ずしも同じ道を行く必要はない。
国際試合ではそれに則ればいい。国内のペナントは独自の道を行くべき。
MLBにはない、日本の精緻な野球にはオリジナルな面白さがある。




そんなに試合時間短くしたいなら
イニング数減らせばよい。
ツーアウト交代にすればよい。
ツーストライク三振にすればよい。
ファンは長い時間野球を見たいのに…
アメリカ人は野球とか、アメフトのように、動かずに準備してる時間(よく言えば期待している時間)が長いスポーツが結構好きなので、不思議といえば不思議。これで、左打者が少し楽になり、左の変則投手の出番が減るということになるか。
これは大変な事になった。21,22年には日本も様子見から採用するだろう。時短効果があるとすれば尚更だ。MLBよりNPBの方が平均試合時間が長いからな。戦術も大きく変わらざるを得なくなるだろう。最低1人から最低3人だからな。ワンポイント専門は失職し少しでも多くのバッターに対戦できるようグレードアップを図らないと首だろうな。
野球の面白さを無くしてまで時間短縮かという意見があるが、プロ野球は時間がかかり過ぎるのが面白くなくなる大きな原因なのだ。無駄な時間が多過ぎる。高校野球を見よ。野球は2時間で終わるスポーツなのだ。
確かにワンポイントリリーフは時間がかかるが無くしてはいけないと思う。一試合ワンポイント1回だけにするなど、回数制限を設ければ良いのでは?
また、これまでワンポイントで投げていた投手はこれからどう変わるのか。活躍の場を奪うことになりかねないが…
ワンポイントでもなんでも、投手交代時の投球練習とか、カートに乗ってやってくるのとか、時間かけすぎだと思う。
リリーフを制限するより、そちらを制限する方が効果的だと思うな。
正直あちらは決着つけるまでやるからそうなると思う。日本は12回引き分けで相当なことがない限り5時間を超えることがなくなった。決着つけるならタイブレーク導入すればいいと思うが…
MLBがやってるから、NPBも…、という方向にならないで欲しい。
プロだからこそ監督の采配も楽しみなんだよね。
正直、今の予告先発にも自分は否定的。そこも監督の采配の見せ所だと思うし。
放映権料が桁違いだからTV局の方針に逆らえないのかもしれないが、時間短縮と言うならまだ「投手や打者が間を嫌ってタイムを取るの禁止」の方がまだマシ。投手交代時の投球練習の球数を減らすのは良いけど…ワンポイント禁止はNPBは採用して欲しくないなぁ~。
今までワンポイントリリーフでメシを食ってた人は廃業になるのか?誰しもそれを目指している訳ではなく、往年の名選手が生き残りの為に仕事としてやっている場合もある。ファンはそんな選手も好きである。時間効率のみを言うのであれば、ピンチヒッターはどうだ?せめて1打席完了するまでは交代できないルールを作るべきではないか。まあ、両方とも、不測の事態は除く、でしょうけどね。




ナンセンス!!
この人たちは野球の楽しみ方や魅力を理解しているのだろうか?。
ワンポイントリリーフなんて、真剣勝負の醍醐味のシーンですよ。
これを否定するなんて・・・。
野球はホームランだけで作られるゲームではありません。緻密な駆け引きがあっての、すべてを変える一発逆転「ホームラン」もある。
時間短縮が大切なのも、痛いほど感じますが、野球の魅力をなくすようなルール改正は、灯台下暗しだと思います。
そこまでして短縮したいのだろうか?
ワンポイントで生きる投手もいるのにね。
そもそもメジャーは引き分けをそろそろ導入した方が良いと思うけど。
テニスも5セットマッチに拘ってきたデビスカップが3セットマッチになり、5セットやるのはグランドスラムだけになった
スポーツ全体が時間短縮の流れになってきている感はある
・試合が長引くのを防ぐためって、それならMLBの無制限の延長こそ見直すべきだと思う。

もし最終回や延長戦でリードした時にワンポイントリリーフが無くて追いつかれたら、更に延長が続くことになるよね。

・抑えられへんかったらどんどん打たれて試合時間伸びるだけ。ワンポイントは監督の腕の見せ所でもあるし、絶対反対。
ブルペンで十分ウォーミングアップしてるんたからマウンドに上がってからの投球練習を無くす方が現実的だし、攻守の駆け引きの醍醐味も失われないんじゃないの。
試合時間短縮のことも大いにあるが、交代の際の余計すぎる時間稼ぎで試合の緊張感が削がれ、そのことでダレてしまう観客が多いのだ。
何でもかんでもMLBにならえばいいとは思わないが、このルール改正は試合の流れを引き締めるうえで必要。
交代時間を厳正に短縮すれば?
今の交代時間でも長いかな。
今から守るチームは投手であろうと走る。

戦略に制限かけるのはよくない。

わかるけど、一人一殺継投で終盤を盛り上げる展開がなくなるのは、
申告敬遠より影響必死。

野球が変わる。
日本は導入しないで欲しい。

全く日本には必要のないルール。
左キラーとか日本には日本の楽しみ方がある。
全て真似しなくても良いと思う。
オススメ