ロッテの2年目左腕、永野将司投手(26)が12日、公共交通機関や閉ざされた空間で不安を感じる「広場恐怖症」を患っていることを公表した。

◆森田豊氏(医師・ジャーナリスト、専門は産婦人科、心療内科)の話

「広場」という名称こそついていますが、学校や会社といった広い場所だけでなくトイレや電車、バスなど閉ざされた狭い場所でも、特定の場所に行くと、他人より強い不安や恐怖を覚え、それが6カ月以上続く症状です。急な発症というより、その場所に行くと徐々に嫌な気持ちが湧いて来ます。2、3週間で症状が出る人もいれば、半年かかる人もいます。

治療法は、不安を抑える「抗不安薬」の服用。また「曝露(ばくろ)療法」という治療法があります。「認知行動療法」とも言われますが、臨床医師や専門家と一緒に、実際にその「嫌な」場所に行き「ここに居ても、無害なんだ」「電車に乗って何が怖いんだ」と意識を変えていくことです。1週間に1回ほどの頻度で行い、あせらず時間の経過で治す方法です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-03121426-nksports-base



広場恐怖の治療が、抗不安薬って大丈夫かな、ドクター。エビデンスとしては、SSRIでしょ。普通は認知行動療法と暴露療法の話もゴチャゴチャになってるし、あかんよ、ドクター。
床下での仕事をしていたけど、人が入るギリギリの狭さで柱が沢山あるという身動出来ない逃げられない空間がパニックに近い嫌悪感があった。狭い所が心底嫌になる。
球団も理解があるようだし、かわいらしい奥さまがいるのも彼にとっては支えになると思う
マツエク、MRI、、、動いてはいけないと言われるとなぜかだめ。デパスでしのいでます。
私もある日を境に首都高速の長距離トンネルで嫌な気分になってから閉所恐怖になり最近は電車も苦手になりました。あとゲリラ豪雨の時に家に篭ってて息苦しさを感じた時もありました。病気じゃない人もあの首都高速のトンネルで威圧感を感じたって言ってたので、同じ様な人は居るって思って気楽にして下さい。
広さ関係無く特定の場所か。
私自身、パニック、広場、会食と、次から次へとあります。普通に働いてますが。辛いことが多くて。前は外食も大好きで、買い物も好きだったのに、今では外食は個室ならば。買い物は一番苦手なままです。人が多いのも商品が多いのも酔ってしまうというか。トイレのついてる乗り物は平気だけど、空港とか新幹線の駅とかが苦手。
長く患ってますが、地道に付き合っていくしかないです。
ま、こういう人間もいるんだと理解される機会が増えることが嬉しいです。
私も新卒入社して半年で同じ事象を発症して、一時期は山手線一駅分も電車に乗れないほどなったけど、今は国内ならどこでも旅行出来るくらいまで快方しました。

私でも快方したんだから、貴方なら大丈夫!!

そもそもAgoraphobiaを 広場恐怖なんて訳した人が悪いわ。 漢字みたら狭いところで症状が出そうにない。
広島恐怖症に見えた




同じ病気の者としてコメントしました。
判り易く言うとパニック障害と鬱の間の症状、
世間ではまだ知られておらず理解されにくい。
自分も勇気を出して会社に説明して理解されるまで時間がかかりました。
病状を理解してくれる環境下で克服して活動してくれる事を祈って応援してます。
ゴルフというミニの車の後部座席に座っているとパニックになる人がいたことがあったのを思い出した。
前の広い助手席に交代してあげたら、窓も開けられて、マシになった。
・何がつらいって、人に話して気のせいだの気の持ちようだの言われたらそれ以上何も言えなくなってしまう事。だから、みんな隠してひっそり苦しみながら生活してる。

決して甘えや気のせいの病気ではない。

・パニック症は現代のストレス社会では誰でもなる可能性がある、と開き直るといいと思う。気楽に考えるのがいい。実は、私も軽いパニック症を自分で克服した経験がある。

いつもと違う、変わった頭痛がした時に「これは、もしかして脳卒中の前触れか?」と思ったら過呼吸になり、息が出来ずに死にそうな感覚になった。こういう事が2度あったが、いつ死んでも悔いはない、と開き直って発作が起きそうになったら
テレビをつけてニュースを真剣に聞いて、自分の事は考えない。気をそらす。これで病気を克服できた。

14年前に会食恐怖からパニック障害を発症しました。
ここ数年は薬で症状が治まっている寛解の状態ですがホルモンバランスのせいかたまにパニックの前兆みたいなものを感じるときがあります。
完治は難しいですね。うまく付き合っていこうと、あんまり深く考えないようにしてます。
あたしは運動もしてこなかったし体力に自信がなかったので発症してしまったのかなと勝手に思ってましたが、体力があって精神的にもタフそうなスポーツ選手でもなる病気なんだなぁ…と思いました。
色々な恐怖症がある。
一番イケないことは全くの素人に相談すること。
人生の先輩だからとか関係ない。
「薬に頼るな」なんぞもってのほか。
なるほど世の中には色んな病があるんだな。俺は馬鹿だからこれくらいしか言えないが、ゆっくり焦らず治して投げれる日を願ってます。
どこにいてもトイレの場所を把握してないと具合悪くなるわ
パニック障害の症状のひとつが広場恐怖症。もちろん、広場恐怖症にはならないパニック障害の方もいます。パニック障害の症状は人それぞれだし、広場恐怖症も人それぞれ状態が違います。
公共の乗り物が平気な人もいればまったくダメな人もいる。
ディズニーランドみたいな場所が行けなくなる人もいるし、平気な人もいる。
理解がもっと進みますように
藤浪「死球恐怖症です。」
オススメ