昨夏の甲子園大会決勝を、南国沖縄で再現だ。日本ハム栗山英樹監督(57)が14日、沖縄・国頭で予定している16日の1、2軍合同紅白戦で、甲子園準V右腕のドラフト1位吉田輝星投手(18=金足農)と、同V右腕のドラフト5位柿木蓮投手(18=大阪桐蔭)のルーキー2人を、それぞれ先発起用すると明かした。1イニングほどと投球回数は限定的だが、注目の対決で2人の力量を測る。

再び“夢の対決”が実現する。1次キャンプ地の米アリゾナから2次キャンプ地の沖縄・名護入りした日本ハム栗山監督が、16日紅白戦の先発に、昨夏の甲子園大会決勝で対決した2人のルーキーを指名した。準優勝に終わった吉田輝と、優勝投手の柿木だ。「夏の甲子園の再現って、あんまりないんだよね。楽しみだよね? 普通に考えて楽しみじゃない?」。指揮官の目が少年のように輝いた。

チームとともに14日早朝に帰国し、息つく間もなく車で約40~50分の国頭村へ。両ルーキーのブルペン投球を視察し「思った通り。いい時のボールはうなりを上げる」と吉田輝を評価した上で、紅白戦での“先発対決”を2人に伝達した。「(反応は)いい感じだった。驚いている感じはなかった」と、堂々とした2人の振る舞いに感心した。

米アリゾナで行った紅白戦では斎藤対清宮の“早実対決”を実現して注目を集めたが、次々に飛び出す栗山流の演出は単なる話題作りのためではない。「今年は勝ちきらないといけないシーズンで、想定通りの戦い方では一気に走れない」と新たな力の台頭を求める中で、チーム内の競争に刺激を与える狙いがある。

今回のケースでは、吉田輝や柿木以上に、若手投手陣への効果を期待。この日の2軍ブルペンでひときわ目を引いたのは、ルーキー2人と並んで投げ込んだ高卒2年目の田中瑛で「プライドがあるんだろ。すっげー、いい球を投げていた。それが大事。それがチーム力につながる」。他の選手の危機感をあおり、プラスαを生み出す構図だ。

もちろん、生粋の“野球好き”だからこそ思いついた夏の甲子園大会決勝の再現。「日本の野球界に対して、何かメッセージを送ってくれると思う」という注目の対決の陰で、知将はしっかりとチーム力を蓄える。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-40000966-nksports-base




・プロって結局、注目されてなんぼの世界だから、企画段階で監督の勝ちですね。
見事としか言わない。

・栗山監督は勝つことだけでなくファンサービスも常に心がけてるとこが名監督だろう。

・逆に同じチームにいる限り紅白戦でしかできない事。監督の意図で実現出来るならそりゃ楽しそうだからやりたいよね。
ってそれだけの監督じゃ無いのもわかってるし悪いことじゃ無いのは確か

・パワプロのペナントで自分が好きなチームを作ってるみたいな。でも、少年の心だけでなくきちんとマネジメントしてるためチーム力も高い。
野球というエンターテイメントを存分に味わえる。

・面白いんじゃない?柿木も優勝投手だけど、
根尾藤原のいる大阪桐蔭と対戦してないから
って評価もあるので是非ドラフト5位で
終わるタマじゃないって見せて欲しい。

・名監督のこういうところ、好きですね。

・日ハムのファンとして思うが、栗山英樹の見たいこと≒ファンの見たいことでしょ。面白くないはずがないよ。

・甲子園決勝まで来たエース投手2人が同じ球団に入ることがそもそも珍しい。
しかしなぜ柿木は5位まで指名されなかったのだろう。
実際はその程度の評価なのか、ドラフト戦略の駆け引きの結果なのか…
万波より後ってのがね。

・色々言われているけど、常に冷静に周りを見ている事は他球団の監督にはあまり見られないところ。色んな意味で勝てる監督だよ!

・毎年この1軍2軍での紅白戦はルーキー全員の顔見せみたいなところもあるからね
どうせ投げさすなら先発でってところでしょう
吉田と柿木も互いを思いっきり意識するだろうけど初登板頑張れ!



・面白そうですね監督!!!
多くのファンが楽しみにしていると思いますよ!!!

・楽しみとかおっしゃっていますが、栗山さんのマネジメント力半端ない。

・純粋に、見てみたいなーと興味がわきました。
選手たちへの波及効果もありそうだし、栗さん面白いこと考えますね。

・甲子園優勝、準優勝投手を競わせて育てるってのは栗山らしい。

・吉田も柿木も楽しみだけどこれで結果が悪いからとアンチとか騒いで叩かないで欲しいな。

・ホントに注目度高めることは栗山さん上手いですなー。
野球ファンなら1イニングでも見たいね。

両方獲得できたからこそ実現できる対決だね

・栗山さんマスコミが飛びつくような事をやるのが好きだよな。

ファンのこと解ってる。注目されることで世間一般に二人の知名度もあがるし、結果がどうなるかはわからないが二人にはいい刺激となるね。

甲子園決勝リターン楽しみです。

・夏の甲子園の優勝、準優勝のチームのエースが同じチームに入ったのはよく考えると凄い珍しいことだと思うし。二人には今後チームの柱となれるように成長してもらいたい。

・若手が頑張れる雰囲気が作られその力がチームの底上げになる。どこかのチームはお金で集めてもチーム力はバラバラ。



・期待の新戦力だし、シーズンに向けて現段階の力量や課題を洗い出すのにも必要かもね。今年は大量得点にて、最小失点で突っ走り、先行逃げ切りと行きたいものです

・栗山監督の野球界への貢献度は底知れんな。解説者で外から見てきた経験がすごく活きてると思う。

しっかし、斎藤佑樹だけはいつになったら活躍するんや〜

・とは言え、この二人より先に戦力化される選手は結構いるだろうし。

堂々とナンバー写してるなと思ったらレンタカーか。

夏の吉田は疲れ切ってた
同じ調子の吉田と柿木ならどちらが上か興味あるわ

・栗山監督はマスコミが喜ぶことがよくわかっている。
プロスポーツなのだから話題作りはとても大切。
注目を集めることで選手のモチベーションも上がるし一石二鳥です。

・昨夏の甲子園決勝の続きというエンターテインメントを提供しつつ、先輩投手陣の危機感を煽る意味合いもあるだろうな。特に吉田や柿木と年齢の近い若い投手は相当ヤバいと感じているだろうな、うかうかしてるとあっという間に抜かれるから自ずと抜かれてたまるか、と奮起するはず。申し訳ないけどそれでも奮起しない選手はそこまでの選手だってことになる。

・毎年、甲子園は楽しみにしていて録画して観ていましたが、今年の金足農業の選手達には本当に元気と感動をもらいました。

栗山監督はファンや選手達や球団のことを本当に考えていると思います。
プロ野球には興味が無かったのですが、今年からは吉田君が入団した日ハムを応援します。  頑張ってください !

・監督就任当初は 現場未経験で務まるのかとか言われたけど この人の凄いとこは 解説者時代から一貫して 古巣であっても贔屓せず中立な立場で見てた事。野村ID野球の申し子は 古田さんだけどそれに匹敵する位観察力やらが凄い。どっかの球団みたく身内で固めてのそれとは違う。多分同じ事できる監督って少ないと思う。みんなに平等にチャンスを与えてくれる。蓮くんも負ける気は無いだろうし 輝星君だって負ける気は無いだろうね

・どうしても話題作りみたいな印象はあるが、なかなかどうして柿木が甲子園優勝投手とドラフト5位のジレンマで発奮するかもしれん。それをみた吉田が黙っていないのも容易に想像出来る。

話題作りなのはわかってる。でもやっぱりおもしろそう。

・ミーハーだけどそれでいい
お客さんも喜ぶし選手本人も張り合いがあるだろう

オススメ